« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

85UP最大個体兄弟到着

今日の午後に、yasukongさんから待望の能勢847ペアが到着しました。

例の85UP同腹兄弟ペアです。
yasukongさんの85UP羽化個体の中でも最大個体の兄弟になります。
抽選でしたのでドキドキでしたが、ホッとしました。

サイズは79.3ミリ×50.1ミリとまずまずの大きさです。
形は、847特有の顎が長く美形です。
この最大個体兄弟は数が限られているので、本当に貴重です。

これから大きくそして太くしていかなければなりません。
能勢847は、来期のためにかなりストックしています。

来期は、83.1mmも居るので、どうなるか楽しみです。
ここまでくると、来期以降の目標は、ずばり85mmUPです。(笑)

画像を見たい方も多いでしょうね。
汚い写真ですが載せてみます。

上から 久留米産                  82.8mm
その下 能勢847血統                              83.1mm
その下 能勢847血統85UP最大個体兄弟  79.3mm
その下 川西G血統                                  79.5mm

Kurume828

Nose847831

Nose8477932

Kawanishig791   

| | コメント (25)

高校野球

クワには関係ありません。
興味ない方はスルーしてください。

明日はいよいよ甲子園行きが決まります。
予想通り、群を抜いている明徳と高知高校の対決です。

どちらとも最速140kmを超える速球をもつ素晴らしい投手がいます。
近年にない、激しい接戦の戦いが期待されます。

明徳は県内ではいろいろ言われていますが、私は強い高校が好きです。
厳しい練習をして、甲子園を目指しているチームに憧れます。

明日はもちろん仕事ですが、休憩の合間にテレビにくぎ付けになりそうです。
そしてどちらが勝っても、涙があふれてきそうです。

頑張れ!高校球児!

あっ!クワネタですが、2008データに羽化写真載せました。
少しですが興味のある方はご覧ください。

| | コメント (4)

楽しみ

今週末に今年1番の個体がきます。
これはきてからのお楽しみということで。

最近羽化した能勢847と久留米は、なかなかの個体です。
特にこの久留米は、82.8ミリと同様に種親になりそうです。

種親候補能勢847は、あちこちからアウトをお願いしています。
最終的に5オス、6メスになるかもしれません。
これだけで100頭近くいくかもです。

冷やし虫家の温度は、低い方もいるようです。
私が一番注意するのは24℃以下にならないことです。
昨年同様25.5~26℃を中心に管理しています。
8月中旬になったらブロックを注文せねば。

残りの能勢847も羽化してきました。
あとは川西G30.2gと久留米少しが蛹で残っているだけになりました。

| | コメント (11)

短く

今回は短く載せます。

ビークワを見ました。
トレハさんやうえさんの記事が出てましたね。
なかなかの内容でしたが、真似は厳しいかも。

能勢847が徐々に羽化しています。
蛹は、あと1頭のみになりました。
固まってから、サイズ測るのが楽しみです。

AGはやはりいいですね。
特に3本目は、ちょうど私の条件にぴったりです。
20℃管理でも結構、大きくなっているようです。

| | コメント (9)

川西Gを考える

さて、川西G血統についてです。

この森田ゴールドは、森田さんが1994年兵庫県西多田で自己採集した71mmの♂に端を発しているようです。
更に「アウトライン」をおこなうと確かに大型個体が出現する場合もあるようですが、形状が乱れる可能性が高いため、インラインのみの飼育をおこなっているようです。

本当は、森田Gゴールド系統や森田Dゴールド系統と書きたいところですが、いろいろあるようで、最近は銚子さんが命名している?川西産G血統という名前で書いています。
森田Gゴールド系統やDゴールド系統、D77SP系統、Prince of Kawanishi血統もすべてインラインでの累代で、川西産G血統と考えていいようです。

私はこれらの中からいろいろ掛け合わして、川西産G血統を累代していこうと考えています。
メルリン川西やマツノ川西との掛けあわせは完全なアウトラインですので、血が濃くなることや羽化不全の確率は減りそうですが、それらは川西産G血統ではなくなります。

それと個体が増える→手放さなければ→引き取り手が少ない→増え続けて困る.。
どうしてもアウトだと、魅力のある個体か知名度がある個体以外は貰い手が少なく、膨大な数のオオクワに占領されてしまいます。

しかし今回の不全を見て、どうしようか迷っている部分もあります。
来年は、トレハ川西産G血統+Prince of Kawanishi との掛け合わせで、少しでも薄くし、これを川西産Dゴールド系統と呼んでいこうと思っています。

これからは特に同腹兄弟でのペアリングは、できれば避けていきたいですね。
今年の銚子さんの川西産G血統は、D77SPとの掛けあわせでいきたいです。

久留米も太い個体が増えていますが、長さでは負けても川西産G血統のカッコよさはまだまだ負けていません。
能勢80や847は素晴らしい個体も多くいますが、細い個体もあり、これからの血統です。

そう考えると、川西産G血統は超大型血統ではないですが、カッコよさではまだまだいけているのでは?と思い、少数ブリードに残すことになったのです。

でも久留米と能勢に、かなり押されているのは間違いないです…。
更に中原DNAですか、凄い個体が出てきましたね。
この血統を始めるには、川西産G血統を外さなければ…。

飼育スペースがあれば、アウトや自己採集ブリード考えてもいいのですが、現実は厳しいです。
自分のアウトや自己ブリードが有名になり、流通するようになれば最高ですけど…。

心の中で、川西産G血統の今後の発展に一抹の不安を抱いているTigaでした。

これは私の独断と偏見での意見ですので、お許しください。

| | コメント (13)

ばたばた

羽化もあと少しとなってきました。
トリを取るのはやはり能勢847。

1頭羽化してきましたので載せます。
21gでしたが、予想に反して78mmほどあります。
狭くて辛そうですが、もう少し頑張れ!

012

販売も忙しくなってきました。
荒島が意外(失礼)に人気があります。

久留米の78mmは、お手頃にしています。
川西はカッコいいと思うんですが、久留米・能勢に押されています。(泣)


持っている方もいると思いますが、詰め詰めマシーンです。
三階松さんのを買ったようで、私がいただきました。
私も買うなら三階松さんのと思っていましたが、せっかくのマシーン使ってみます。
徳彦さん、ありがとうございました。

008

更にきました、能勢847幼虫購入分が。
今年は成虫がいない分、あちこちにお願いしています。
insect_club2008さん、ありがとうございました。

847幼虫に関してはまだまだ足りないかもしれません。(笑)
来年は、成虫もオス4×メス4の豪華版でいきますよ。

004

あっ、忘れていました、キャムさんよりきました。
これは正真正銘の川西G血統。
オスは77ですが、何とメスは53です。
52とあわせて、川西Gも83mmまっしぐら!

013

| | コメント (12)

完品

最近、忙しくて久しぶりの登場です。
ここにきて羽化個体の完品が少なくなっています。

川西Gの32.7gも羽パカです。
完品であれば81~82ほどあったようです。
これも血が濃い影響かもしれません。

この兄弟は太くて迫力があるので、何とか残していきたいです。
川西は、森田ゴールド以外考えていませんので、厳しいかもしれませんが。

来年は、1オスに対して1メスのペアリングを考えています。
本当は一番大きいオスと複数メスとがいいのでしょうが…。

蛹のとき、廊下で高温状態にしておいたのがまずかったかも。
どちらにしても、今年は羽化が遅すぎました。
来年は、3月中に加温して、6月上旬までの羽化を目指します。

能勢80や847、久留米は超大型血統です。
それに対し、川西Gは超がつかない大型血統です。
よって川西Gで80mmを出すのも価値があると思うんですが…。

それにしても最近の問い合わせは、能勢847が多いですね。
川西はもちろんのこと、久留米もかなり下火なんでしょうか。

そういえば、能勢847成虫ペアの予約が3名入っています。
販売にもだしていない状態なんですが、あと残り1ペアです。
完品で羽化できなかったら、どうしましょう?

| | コメント (5)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »